読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「殺人の啓示~死を誘う男~」

友人に借りたDVD

「殺人の啓示~死を誘う男~」

 異常殺人犯VSベテラン女刑事のサスペンス

 

 

【苦痛を長引かせないことを主眼に、人為的に死なせるのが安楽死
薬物を使うなどして死期を早めるものを積極的安楽死
積極的な治療の中止によるものを消極的安楽死
尊厳死は患者の意思に基づいた死期の決定。】

という事は、この映画の場合は殺人ではなく,

尊厳死に基づく積極的安楽死か。

なんにせよ、不治の病で苦しい状態から抜け出したい時に

背中を押してくれる人がいるのはいい事かも。


健常者が安楽死は良くない」とか、「残された人が辛いからその事を考えてみて?」

と綺麗ごとをいうのはいかがなものか。

一番辛いのは本人である。本人の事をまず考えてみて?

そして自分が苦しい、辛い立場になったと想像してみましょうね。

安楽死もいいかもと思えますよ。

ところでラスト、ホルマリン漬けの弟は生き返ったのだろうか。